忍者ブログ

パーフェクトブルーデイズプログラム【効果・評判】

情報商材のパーフェクトブルーデイズプログラムを紹介しているブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パーフェクトブルーデイズプログラム 内容

【女性】 冷え性に生理痛、低血圧やホルモンバランスの崩れなど、女性ならではの悩みを解決する!「パーフェクトブルーデイズプログラム」

【女性】 冷え性に生理痛、低血圧やホルモンバランスの崩れなど、女性ならではの悩みを解決する!「パーフェクトブルーデイズプログラム」



【女性】 冷え性に生理痛、低血圧やホルモンバランスの崩れ等、女性ならではの悩みを解決する!「パーフェクトブルーデイズプログラム」

仕事が忙しいからと、適当に近場の病院へ駆け込んだのが間違いでした。

古い建物の中、ぎっしりと並ぶ女性たち。
わたしの順番が来ると、無愛想な看護師に施術着への着替えを促されました。

「終わったらここへ座ってくださーい」
無機質な小さな個室の中、大きな椅子とカーテンがありました。

そこへ座るか座らないか、のうちです。
ガバっと足が広げられ、医師が診察を始めたような雰囲気を感じました。

「痛たた…!痛い!」

無造作に調べられ、特に何もコメントがないまま「はい、終わりです」とだけ告げられました。

診察室へ向かうと、恐ろしいことに他の患者でガヤガヤとしています。

プライベートを意識した空間ではなく、だだっ広く仕切りのない部屋の中、
大勢が診察を待っています。

その中央で、先生はわたしに手招きしました。「はい、次の人」

小さな丸い椅子に腰掛け頭を下げたとたん、
再び先生は恐ろしい速さで「特に何も異常なし。様子を見ておいて」と言いました。

わたしがあっけにとられた顔をすると、
直ぐに次の患者を呼ぼうと手招きを始めました。

「ちょっと待って下さい!いろいろ困っているのに…」
訴えを持ちかけるものの、医師は子宮に異常なしと認めるや否や、
まったく話を聞こうとしてくれませんでした。

結局、冷えや貧血、痛みの打開策はないと言う事…?

わたしは再び、力なくため息をつきました。

予想とおり、その夜もオフィスに戻ってから恐ろしい腹痛に教われました。

「大丈夫?歩いて帰れる?」

周囲は優しく声をかけてくれますが、わたしの頭の中は、痛みのことで一杯。
更に、婦人科での心ない対応に少しショックを覚えて落ち込んでいました。

パーフェクトブルーデイズプログラム

パーフェクトブルーデイズプログラム

パーフェクトブルーデイズプログラム

パーフェクトブルーデイズプログラム

女性の悩みを解消!冷え性・生理痛・低血圧・ホルモンバランスに効果抜群!「パーフェクト・ブルーデイズ・プログラム」

結婚もしてないし、子供を生む予定もないのに…女って損だな。

そんな風に気持ちがマイナスへと少しずつ向かっていきました。

先輩には今日行った医者はヤブでは無いかと言われ、
他の医者へ行くように勧められますが、なかなか気がむきません。

「こんなに苦しんでいるのに…そんなに簡単に結果が出るものかしら。
 その病院、おかしいわよ…もう一件行って見たら?」

そういわれるものの、あの痛さとそっけなさは、とても屈辱です。
あの出来事を思い出すだけで、ぐったり疲れるような気がしました。

「まあ、一週間すればまたもとに戻るのだし…さあ仕事仕事!」
先輩は笑顔でわたしの肩を叩きました。

しかしわたしは、生理の初日から既に4日経っているのに
出てくる血液の勢いが止まらないことと、一向に収まらない痛みに違和感を感じていました。

どうしよう…どんどん大変なことになってる。

いつもなら5日目には、痛みもひいてナプキンも薄手のものに変わります。
しかし、いまだ2日目の夜用をあてている自分は、確実にいつもと違う。

原因の分からない不安。
それらが日増しに大きくなるのを感じずにはいられませんでした。


【女性】 冷え性に生理痛、低血圧やホルモンバランスの崩れ等、女性ならではの悩みを解決する!「パーフェクトブルーデイズプログラム」

「先輩、ロキソニンありますよ」
仕事中、腹痛で苦しそうにする姿を見かねてか、よく声をかけられるようになりました。

ちらっと自分のポーチの中をのぞくと、ドラックストアで買い込んだ鎮痛剤がギッシリあります。

【女性】 冷え性に生理痛、低血圧やホルモンバランスの崩れなど、女性ならではの悩みを解決する!「パーフェクトブルーデイズプログラム」

【女性】 冷え性に生理痛、低血圧やホルモンバランスの崩れなど、女性ならではの悩みを解決する!「パーフェクトブルーデイズプログラム」

【女性】 冷え性に生理痛、低血圧やホルモンバランスの崩れなど、女性ならではの悩みを解決する!「パーフェクトブルーデイズプログラム」

パーフェクトブルーデイズプログラム

パーフェクトブルーデイズプログラム


「病院で処方されるの持ってる?あれが欲しいんだけど…」

市販の鎮痛剤は効き目が弱く、最低でも倍の量がないと痛みが収まらない。
病院で処方されたものは薬の量も多く一錠でとても楽になれる気がしました。

「ありますけど…先輩、もっかい診てもらってからのほうが」

「うん…でも忙しいし」

最初の生理から気づけば既に2週間。
痛みと不正出血が続いていました。

けれど、繁忙期に差し掛かってしまい、とても仕事は抜けられません。
薬で痛みをごまかし、落ち着くまでやり過ごすしかないと考えるようになっていました。

朝起きて2錠、ランチの後に2錠、夜は残業中に1錠…
大抵は1日2錠が限度ですから、この服用の仕方は度を越えています。

鎮痛剤は頭痛も紛らわしてくれる薬ですが、
大量に飲むと逆に頭がぼーっとするような感じがしました。

そんな折、とうとうお客様先で指摘をされてしまったのです。

「きみね、なんだかいつも顔色が悪くて心配なんだけど大丈夫なのかい?」

言われた時は、運悪く先輩と一緒に同行している最中。
営業は上手くいったものの、おかげで帰りの電車内ではお説教でした。

確かに大変かもしれないが、営業として不健康さが伝わってしまうのはよくない。
病院へ行くなり、上手くタイムスケジュールを組むなり自己管理をしっかりしなさい、と。

しかし、腹痛が起こるようになってから、少しずつわたしの営業成績は落ちていました。

人よりも多く電話をかけ、多く残業しなければいけない立場だったのです。

「どうしよう…どうしたらいいんだろう」
一人で悩んでいると、胃のあたりがギューッとしめつけられるように痛みだしました。

鎮痛剤を飲みすぎて、胃も荒れてしまったのです。
トイレで鏡を見ると、苦悶の表情がすっかり顔にはりついています。
気づけばもうすっかり、顔面蒼白でない日のほうが少なくなっていました。


>>更に詳しい内容はこちらから
















PR

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
パーフェクトブルーデイズプログラム
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

P R

Copyright ©  -- パーフェクトブルーデイズプログラム【効果・評判】 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]